T D B

  TDBフォーマットと配付状況
配付機関分   類
TDB名 (format)
概  要Release
Date
JAEA 元素溶解度/鉱物-水反応
  − 190329c0.tdb (PHREEQC)
  − 190329s0.tdb (PHREEQC using SIT)
  − 190329g0.tdb (GWB) (*)
  2019年3月版
  溶解度計算用 TDB(最新版)

2019/03
2019/03
2019/03
 鉱物-水反応

  − PHREEQC17v108.dat (PHREEQC)
  − GWB17v108.dat (GWB) (*)
  2018年3月版
  鉱物-水反応計算用に開発されたTDB(最新版)(**)

2019/03
2019/03
 鉱物-水反応
  − Y140331c0.tdb (PHREEQC)
  − Y140331g0.tdb (GWB) (*)
  鉱物-水反応データベース更新に伴い、溶解度計算用TDB(2014年3月版)から削除されたTDB
2019/03
2019/03
JAEA
(旧JNC)
 放射性元素溶解度/鉱物-水反応
  − 011213q2.tdb (PHREEQE)
  − 011213c2.tdb (PHREEQC)
  − 011213g3.tdb (GWB) (*)
  − 011213e2.tdb (EQ3/6 ver.7.2c)
  2000年版溶解度計算用TDB
2004/04
2004/04
2005/09
2004/04
 第2次取りまとめ
  放射性元素溶解/鉱物-水反応
  − 991231q2.tdb (PHREEQE)
  − 991231c2.tdb (PHREEQC)
  − 991231g3.tdb (GWB) (*)
  − 991231e2.tdb (EQ3/6 ver.7.2c)
  第2次取りまとめの溶解度計算に用いられたTDB

2004/04
2004/04
2005/09
2004/04
 放射性元素溶解度
  − 980300q1.tdb (PHREEQE)
  − 980300c1.tdb (PHREEQC)
  − 980300g1.tdb (GWB) (*)
  − 980300e1.tdb (EQ3/6 ver.7.2c)
  JNCで取得したSm実験値の熱力学データで計算が行えるTDB
2004/01
2004/01
2004/01
2004/01
 鉱物-水反応
  − 990900q0.tdb (PHREEQE)
  − 990900c1.tdb (PHREEQC)
  − 990900g1.tdb (GWB) (*)
  − 990900e1.tdb (EQ3/6 ver.7.2c)
  鉱物-水反応計算用に開発されたTDB
2003/04
2004/01
2004/01
2004/01
 放射性元素溶解度/鉱物-水反応
  − 050700q0.tdb (PHREEQE)
  − 050700c0.tdb (PHREEQC)
  − 050700g0.tdb (GWB) (*)
  TRU 第2次取りまとめの人工バリア変質評価用に開発された TDB
2005/09
2005/09
2005/09
NEA
   すべて
     NEA data
(放射性元素)
(地球化学元素)
 放射性元素溶解度(***)
  − 140000c0.tdb (PHREEQC)
  − 140000s0.tdb (PHREEQC using SIT)
  − 140000g0.tdb (GWB) (*)
  − 140000e0.tdb (EQ3/6 ver.7.2c)
  NEAによりコンパイルされた Fe(第一分冊), Ni, Se, Zr, Tc, U, Np, Pu, Am および organic ligands の熱力学データで計算が行えるTDB
2014/12
2014/12
2014/12
2014/12

(*) GWBフォーマットでは、化学式の表記について、PHREEQE フォーマットの化学種/固相(気相)名をそのまま用いているため、GWB を用いた時に不適切な部分がございます。
(**) 2018年3月版の鉱物-水反応計算用に開発されたTDBは、経済産業省資源エネルギー庁からの委託事業「平成29年度高レベル放射性廃棄物等の地層処分に関する技術開発事業(処分システム評価確証技術開発)」の一部として実施したものです。
(***) 経済協力開発機構原子力機関(OECD/NEA)が公開した熱力学データベースの数値情報を非公式に電子化したものです。 2018年11月より,OECD/NEAがPHREEQCフォーマットの公式ファイルを下記サイトで公開しています。 http://www.oecd-nea.org/dbtdb/tdbdata/ なるべく公式サイトの情報をご利用くださいますようお願い申し上げます。

[ 戻 る ]