JAEA-Diffusion DataBase System の概要

1. データの範囲
本データベースでは、以下のデータを管理しています。
 (1) 国内産岩石に対する拡散係数及び関連情報
 (2) 国内産ベントナイトに対する拡散係数及び関連情報
 (3) 海外産ベントナイトに対する拡散係数及び関連情報


2. 固相
対象固相は、以下のとおりです。
 (1) 国内産岩石
    • 結晶質岩(酸性、塩基性)
    • 堆積岩(砂質岩類、泥質・凝灰質岩類)
    • その他

 (2) 国内産ベントナイト
    • Kunigel-V1
    • Kunipia-F
    • その他
      - 精製スメクタイト
      - ケイ砂の混合試料など

 (3) 海外産ベントナイト
    • MX-80
    • Avonlea
    • その他


3. 登録元素
対象元素は、計 31元素としています。
    • Am, Cm, Cs, Nb, Ni, Np, Pb, Pd, Pu, Ra, Se, Sm, Sn, Tc, Th, U, Zr
      (HLW処分安全評価上の重要元素群)
    • Ba, Be, C, Ca, Cl, Co, Fe, H2O, I, K, Mg, Na, OH-, Sr
      (その他の元素群)


4. システムの構成
JAEA-DDB System では、約60項目について文献等から情報を抽出し、データを記載しています。
現状の JAEA-DDB には、拡散係数約 2,000件が登録されています。


5. システム動作環境
JAEA-DDB System には、以下の2種類が利用可能です。
    • JAEA-DDB System (Web 版)の詳細 :
        =>DDB Web 版
          Web 上でデータの検索、閲覧、保存、グラフ化等ができるシステム
          Web ブラウザ上で稼働
    • JAEA-DDB System (Access 2002 版) :
        =>DDB Access 版
          Web版と同一のデータを保持。但し、機能に一部制限あり
          ダウンロードして Access 2002 以降で使用。Windows 上でのみ稼働

DDB Access 版のダウンロードを行う前に、インターネットの使用が可能な環境の場合は、Web 版の利用でお試しされることをお勧めします。インターネットが使用できない環境の場合は、Access 版での使用が可能です(詳細は動作環境の頁をご参照下さい)。




6. 参考文献
データベースの内容や活用法等の詳細について、は以下の文献を参照して下さい。なお、本データベースを活用した成果を公開する場合には、以下の文献を引用して下さい。
(1) 栃木善克、舘幸男 :“緩衝材及び岩石中での核種の拡散データベースの整備”、JAEA-Data/Code 2008-035 (2009).
(2) 栃木善克、舘幸男 :“緩衝材及び岩石中での核種の拡散データベースの整備 - 海外の緩衝材データの拡充とその活用法 -”、JAEA-Data/Code 2009-029 (2010).
(3) 舘幸男、他 :“地層処分安全評価のための核種の収着・拡散データベースシステムの開発”、JAEA-Data/Code 2008-034 (2009).


[ 戻 る ]